<< 温故知新 | main | 新月の開花イベント >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - |
君に届け
これは、私信です。
でも、特定の彼女だけでなく、
不特定多数の中の誰かにも、
響くといいな、と願って綴ります。

昨日は、ありがとう。
会えて本当に嬉しかった。
私にとっても、気付きの多い時間だったよー。

長く続いた闘病生活から、やっと解放されそうで
本当に嬉しい。
こんな日が来るんだね。

「出来ることが増えたのに、一歩を踏み出すのが怖い」
って言ってたね。

それを聞いた時の私の感想が、
まず私自身が変わったなぁって思った。
勿論、同じ立場になって真剣に考えて、
無駄にアツク寄り添いたいってのは変わりないよ?
でも、昔だったら、私はすごく頭でっかちに四角四面に
正論を言ったんだろうなぁ。

だけど、今は私自身も大きな変化を
「うりゃっ!!」と行動に起こしたやん?
びっくりするよね。私が仕事辞めるとか。
♪You may say I'm a dreamer〜だよ、本当。

で、まだなーんにも成し得てないのに、
「前途洋々」ってのは揺らぎないの。
私が思ってれば、そうなるようになってるって。

だから、おんなじように
Kちゃんも「前途洋々やなぁ」って楽観しかないの。
今は怖くても、絶対に自分の足で
えい!って一歩踏み出す時が来るのを、私知ってる。



病気になって五年目くらいかな。
うちの父が同じ医大に転院になって、
あの暗い喫茶室で話した時のこと、覚えてる?

私ね、すんごい鮮明に覚えてる。
昨日もそれを、すっごい思い出したんだ。

あの時、Kちゃんメチャメチャ眩しかったんだよ。
あの時、私になんて言ったか覚えてる?


「あなたは強いから。だからこんな病気も
 きっと乗り越えられる試練として与えられた」
なんて言われると、勝手な事言うなって泣きながら怒ってた。
でも、もう、泣かなくなった。
一人で東京まで行って、そこでも残酷すぎる現実を
医師から告げられてから、変わったんだ。
余命のことも、自分だけが知ってればいいと、
両親にも話してない。
 病気になって、周囲にもっと自分の現実をちゃんと
受け入れて、一緒に立ち向かってほしいと思ったこともあったけど、
「結局自分の気持ちは自分にしかわからない、
求めれば結果次第で傷つくことも多々ある。
だったら、周りじゃなく、自分さえ私を認めてればいいや」
そう思うようにした。
嫌な思いする事もいっぱいあるけど、
でも私は自分の納得いくやり方で自分らしく過ごす方が良い。
だから相手とか、結果とかそういうのは気にしない。
でも、まだこれからが大変だと思ってるから
その時には、こんな気持も変わるかもね。


こう言ったんだよ?
気持ち悪いくらいよく覚えてるでしょ?
あの日の日記に書いてたの(笑)

あの日、本当に、あの暗くジメジメした病院の喫茶室で
そこだけ後光が射しこんでた。
そんな風に、達観して、悟った感じだった。


でも、昨日は、「戻ってきたー!」って感じだった。
悟ってないし、ブレてるし、泣いてるし。
それがすっごく嬉しかった。

怖くても、いいじゃん!
達観してなくっていい!
だって人間だもの!

怖いってことは、この先の可能性を自分で信じてるからだよね。
私も信じてる。超、信じてる。

過去でも、未来でもなく
ネガでもポジでもない、
今ここの、今日のKちゃんで、何の問題もない!!

だから、怖い自分も全然可愛いやーんって、
毎日自分を抱きしめてね。
私も毎日エアハグする(笑)

「私、最高!今日も完璧!」って魔法をかけながら♪


 









 
カテゴリ:I Will !! | 15:36 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 15:36 | - | - |
コメント
コメントする